気が手っ取り早いと感じるかもしれないけど、食べたいから食べちゃった

この時期にしては、めずらしく温度がのぼり、夏場太陽に近くなっていた。
ウチの内側も外も暑くて、だるく向かうほど暑かった。

暑くなったら、必ず白々しいものが恋しくなる。
普段は、何とか暑くても熱いものをバッチリ食べるのだけど、
大して気はどうしてもなれず、一向に白々しいものが欲しくなったのだ。

冷蔵庫を見ると、冷やし中華のたれ以外は要素がそろっていらっしゃる。
これは食べるしかないでしょ!
たれも作ろうと思えば作れたが、おストアがほど近いので買ってきたほうが手っ取り早い。

野菜を切り、麺を茹でて水で冷まし、工夫はいつもよりもサッサとすすむ。
ずいぶん食べたかったんだと想う。

夏場の風物詩の冷やし中華。
本格的に夏場が現れる前に食するのは気が手っ取り早いと思ったんだけど、ガッチリ食べちゃったわ。
皿に盛ったところ冷たさが半減したのと、買ってきたたれがぬるかったのが
ちょっとガッカリだったね。

次に定める時折、皿も冷やしておこうかな。
こだわる時は、力一杯こだわって仕舞うが、好きな物を食べるのだから、ひと面倒かけたいんだよね。

少しだけ麺が留まるので、二度と食べよう。
皿を冷やしてくるかな。