愛犬との就寝で一番困っている行動について

我が家で飼っている愛犬が夜に寝るのは私の部屋の布団です。
一緒に布団に入り、翌朝も一緒に起きるのが日課になっています。
共に寝るようになって三カ月程度ですが、困っているのが愛犬の寝る場所です。同じ布団で寝るのですが、私の足の上で寝るので、夜中に寝返りを打とうにも足が重たくて思うように動かせず何度も深夜に目を覚ます時間が増えました。
何度も足から離しても人の温もりを感じていたいのか離れようとしないため、毎晩寝るときに苦労しています。
愛犬はいびきをかいて気持ちよさそうに寝ているので、私の足があっても幸せそうです。
最近では、布団の中に湯たんぽを入れるようになり、湯たんぽにくっついて眠るようになりました。足から離れてくれて重みから解放されて嬉しいのですが、湯たんぽにくっついて低温火傷をしてしまわないか、新たな悩みが増えました。
夜中に何度も湯たんぽを遠くに追いやるのですが、愛犬が結局追い掛けてくっついています。
その姿も可愛いと思ってしまうあたり、やはり親ばかなのだなと実感です。3万円 融資